米国雇用統計 2019/01

1月の非農業部門雇用者数は予想を大幅に上回る30万人以上の増加、12月の22万人増加(今回下方修正)に続き、雇用拡大が続く。Establishment survey[*]からは雇用者数、労働時間、時給に対する、連邦政府一部閉鎖の影響は見られない。一方、失業率は0.1%増加したが、これは自宅待機の連邦政府職員が失業者としてカウントされたため。平均時給の伸びは対前月比で0.1%増、去年2月以来の低い伸び。