米国雇用統計 2019/01

1月の非農業部門雇用者数は予想を大幅に上回る30万人以上の増加、12月の22万人増加(今回下方修正)に続き、雇用拡大が続く。Establishment survey[*]からは雇用者数、労働時間、時給に対する、連邦政府一部閉鎖の影響は見られない。一方、失業率は0.1%増加したが、これは自宅待機の連邦政府職員が失業者としてカウントされたため。平均時給の伸びは対前月比で0.1%増、去年2月以来の低い伸び。

WSJ: Economy Notches 100th Straight Month of Increased Employment

The U.S. labor market notched its 100th straight month of increased employment in January while sustaining robust wage growth, passing the tests posed by a federal-government shutdown, market volatility and uncertainty about global economies.

“The payroll party continues,” said Beth Ann Bovino, chief U.S. economist for S&P Global Ratings. She said the government shutdown, U.S.-China trade tensions and cooling international economies all will dent U.S. output growth early this year. “But we’re largely a domestic-driven economy, and the jobs numbers not only reflect that strength but show it’s self-sustaining.”

発表直後のブルームバーグの論説コーナー。インフレへの影響、Fedの利上げ判断に及ぼす影響、企業の利益に及ぼす影響、などなど。特に鋭いことは言ってない、というか常識的だけど、ウォールストリートのエコノミスト達がどういう反応をして、どこに目配りをしているのかを知るのは参考になる。

個人的なコメントは今日の日記に書いた。

非農業部門雇用者数

労働参加率

平均時給の伸び(対前年比)

[*] 労働統計局の調査は、家庭への調査と企業への調査の二本立てで行われる。Establishment surveyは後者を指す。